精油プロフィール

ベチバー 精油プロフィール

ベチバー 精油プロフィール

ベチバーは香水の保留剤として良く用いられる。 年月とともに質がよくなる、数少ない精油のひとつ。 防虫効果あり。 <香り>  スモーキーでこくのある土の香り。かすかに甘みを含み、重厚。 <心>   グラウディング作用と、鎮…

ペパーミント 精油プロフィール

ペパーミント 精油プロフィール

ガムやキャンディなどの香りづけに使われているペパーミント。スペアミントとウォーターミントの交配種である。 皮膚刺激を起こすことがあるので、使用料には注意を。 <香り>  清涼感あふれるハッカの香り。スペアミントより爽快感…

ベルガモット 精油プロフィール

ベルガモット 精油プロフィール

ベルガモットは紅茶のアールグレイの香りづけに使われている。 コロンブスがカナリア諸島で発見。 イタリアでは熱さましなどに用いられてきた。 「ケルンの水」の主要原料だったと言われ、今でもオーデコロンの原料としても良く使われ…

ベンゾイン 精油プロフィール

ベンゾイン 精油プロフィール

ベンゾインは非常に粘度の高い精油で、別名は安息香。 東洋では古くからお香や薬として使用されてきた。 香りを長くとどめるための保留剤として使われる。 <香り>  バニラのような甘い香り。 <心>   緊張やイライラ、孤独感…

マジョラムスイート 精油プロフィール

マジョラムスイート 精油プロフィール

ギリシアの愛の女神アフロディテから与えられた香りと伝えられる。 料理用のハーブとして肉料理や魚料理に使われている。 <香り> スパイシーで温かみのある香り。やや苦みと甘みを含む。 <心>  気持ちを鎮め、悲しみや孤独感を…

マンダリンレッド 精油プロフィール

マンダリンレッド 精油プロフィール

フランスでは「子供の精油」とも呼ばれ、子供や妊婦などにも安心して使用できる香りとして知られている。 <香り> 収穫された時期により早熟のグリーンと完熟のレッドに分かれる。レッドの方がややクッキリとした香り。 <心>  明…

ミルラ 精油プロフィール

ミルラ 精油プロフィール

ミルラは殺菌・消毒作用がある為、ミイラにする遺体の防腐処理にも使われており、このことからミルラが「ミイラ」の語源であるという説もある。 「新約聖書」のキリスト誕生の際に東方の三賢人(博士)が捧げた三つの贈り物(黄金、乳香…

メリッサ 精油プロフィール

メリッサ 精油プロフィール

ハーブとしてはレモンバームの名でも知られるメリッサは「ミツバチ」を意味するギリシャ語。古くから万能薬として知られており、中東では強心剤として使用されていた。採油率が非常に低いため、精油はとても効果。 <香り>  清涼感の…

ユーカリ・グロブルス 精油プロフィール

ユーカリ・グロブルス 精油プロフィール

コアラの食料として知られるユーカリは生命力が強く、成長の早い木である。オーストラリアの先住民アボリジニは、傷をいやすのに使っていた。ユーカリは非常に種類が多い植物で、精油も数種類あるが、ユーカリ・グロブルスが最も一般的。…

ユーカリ・ラディアータ 精油プロフィール

ユーカリ・ラディアータ 精油プロフィール

ユーカリ・グロブルスと精油の含有成分が似ており、同じ効果を期待できるが、この精油は肌や粘膜への刺激が穏やか。子供や高齢者にも比較的安心して使える精油。 <香り> ややフルーティーな甘さを含む。ユーカリ・グロブルスと近い。…